50人未満の事業場

弊社は50人未満の事業場の健康管理活動に特に力を入れています。
現在、助成金を活用することで費用負担を抑えて健康管理サービスを導入できます。
助成金には予算の限りがあるため、お早めにお申し込みください。

詳細・資料ダウンロードはこちらをクリック

費用

産業医・保健師コース(助成金 最大60万円/年が可能)  6万円~/月
産業医コース(助成金 最大40万円/年が可能)  4万円~/月


*保健師コースも可能ですが、導入初年度には推奨できません。詳細はお問い合わせください。
*助成金は導入初年度のみ支給されます。

まず1年目は、助成金を利用して健康管理体制を構築し
2年目以降は、必要なサービスに絞りコストを抑えて継続ということも可能です。
(都度対応の料金はお問合せにてご確認ください)
助成金詳細はこちら⇨令和元年度版産業保健関係助成金

主なサービス

健康診断の就業判定を確実に実施:会社は社員に健診を受けさせる義務があります。そして健診結果に対して、問題なく就業可能な状態かどうかという点で医師の意見を聴取することも義務付けられています。これらは基本的ながら十分に実施されているとは言えず、監督署も力を入れて指導しています。

不調者への適切な対応:1か月休養の診断書を受け取ったが、どう対応すれば良いのか。あるいは、職場復帰可能の診断書が届いたがどのような配慮をするべきか、といった相談に専門的な回答やアドバイスを行います。

長時間労働者や高ストレス者の面接
:表情や様子が気になる、元気がなさそうで心配しているが、どう声をかければ良いかわからない。そのようなケースでの具体的な対応の手順を示し、必要に応じて病院への受診を勧奨します。

その他の健康相談:もうすぐ健康診断だけど何の検査を受ければ良いの?〇〇な症状があるんだけど、病院に行った方が良いか?様子見で良いか?効率よくダイエットをしたいんだけど適切な方法は?等のちょっとした相談にも対応します。


相談や面接は、主に電話・メール・ZOOM(遠隔ビデオ会議)等を利用して実施しています。

近年は健康経営®にも注目が集まり、元気な社員→生産性向上→元気な会社→業績拡大という好循環を目指す会社が増えています。
また、健康増進に取り組むことで、企業イメージも良くなるため人材の採用活動にも好影響が期待されるところです。

詳細・資料ダウンロードはこちらをクリック